◆カワイ株の検証1

 株式会社マルトー(乳酸球菌カワイ株)

 ※河合康雄博士の検証より


※カワイ株と動脈硬化(高コレステロール)

【動脈硬化ウサギにカワイ株60mg投与】

動脈硬化を起こしたウサギを通常食とカワイ株で正常に戻したときの推移の検証です。

①通常食で戻したコレステロール値の推移

②カワイ株で戻したコレステロール値の推移

※カワイ株投与のウサギのコレステロール値は極めて速いスピードで正常にもどりました。


動脈硬化を起こした血管は薬ではもとにもどりません

①通常食でコレステロー値を正常に戻した血管は解剖してみると全く 動脈硬化は正常に戻っていませんでした。

②カワイ株を投与のウサギは速やかにコレステロール値は正常に 戻り 動脈硬化の血管も脂肪の沈着がなく正常な状態以上に綺麗 に動脈硬化が 改善していました 。


※腸内のエンテロコッカスが増えるとコレステロール値が下がる

◆遺伝型高脂血症の糞便中(1g)のエンテロコッカスの数が 1000個と極端に少なかったがエンテロコッカス数が増えるとコレステロール値は正常に戻りました!

◆カワイ株は腸内の乳酸菌を増殖させる働きがあります。


※乳酸球菌カワイ株は腸内の乳酸菌を増殖させます

◆人の腸管に存在する約300種100兆個の腸内細菌を健全に維持することは健康の源です。

◆人の腸内に常駐する代表的有用菌である乳酸菌維持増殖は整腸作用に留らまらず、あらゆる病気の免疫力を維持する上で重要です。

◆健康な人の胃腸には常に有用な乳酸菌が存在しています。※ビッフィドバクテリウム・アドレッセンティス菌(桿菌)

※ラクトバチルス・アシドフィルス菌(桿菌)

※エンテロコッカス・フェカリス菌(球菌)

◆腸内細菌・乳酸菌バランスが慢性的に崩れると重篤な状態を引き起こす要因ともなります。

◆カワイ株は腸内の乳酸菌及び乳酸球菌エンテロコッカスを莫大な数に増殖させ腸内環境の維持や整腸作用に留まらず人の健康に重要な役割を果たす人由来の乳酸菌食品です。


※乳酸球菌は他の乳酸菌を遥かに凌ぎ胃腸管に最も多く定着しています

◆エンテロコッカスは他の乳酸菌ラクトバチルスやビィッドバクテリウムと比較しても、胃腸管内に最も高い定着率を誇っています。

※3つの乳酸菌の中でビフィッドバクテリウムが8000個しか定着してないのに対し、エンテロコッカスは何と1億個も定着しているのです。

◆今迄ビフィッドバクテリウムの定着率が最も高いとされていましたが検証の結果、エンテロコッカスの定着率が最も高いのです。

※このことは乳酸球菌が他の乳酸菌を凌ぎ重要な菌であることを意味します。