※ガンとカワイ株

河合康雄博士検証より

🍀カワイ株は健康食品です🍀


※腹水ガン(マウス)での検証

◆ガン患者は年々増加し続け近年ガン死亡者は年間30万人に上っています。

※現在は2人に1人が疾患し、疾患者が約100万人ともいわれています。

◆ガンはどんな臓器にも発生し、かつ症状も異なり難しい病気です。

◆ガンで一番問題なのは転移であると考えています。

◆マウスにエールリッヒ腹水癌(ヒトのガン)を移植しました。

◆お腹はガン細胞が増殖し膨れ上がり毛も異状に変色しています。

◆マウスにカワイ株を経口投与をし続けると腹水癌がきれいに治癒し正常に戻りました。


※乳がん(マウス)での検証

マウスにMM46乳癌(ヒトの癌)を移植し普通食とカワイ株を与えた場合を比較しました。30日後にカワイ株を与えたマウスは乳癌の大きさが半分に減少しました。

◆カワイ株は腹水癌と同様にマウス検証では乳癌にも抗癌作用があることが判りました。


※腹水ガン(マウス)の延命率

◆マウスにエールリッヒ腹水癌を移植しカワイ株粉末の抗癌作用、延命率を実験しました。

◆ガン細胞移植後、全マウスは23日目で死亡したのに対しカワイ株投与群では長いマウスでは104日と延命効果を示しました。

◆カワイ株の延命効果は2,4倍の延命効果があり、他のエンテロコッカスでは30%以下でした。

◆この延命効果は人で言えば余命3ケ月と言われた人が少なくとも3年延命し更に生き延びることを意味します。

※最近の患者でのテストで3ケ月あるいは余命3日と言われた人がカワイ株によりガンを治癒し元気になった例が様々報告されています。

 

腸内細菌由来エンテロコッカス死菌体粉末の

エールリッヒ腹水癌に対する抗癌作用

エールリッヒ腹水癌5×105/マウス腹腔に移植

エンテロコッカス死菌体粉

0.5㎎/マウス腹腔に投与

マウスはICR雄6適齢を使用

延命率(%)=(投与群の生存日数ー対象群の日数÷対象群の生存日数×100

※生存日数: 投与群55.3±  32.7(5匹)、対象群23.0±    0.0(5匹)


※発ガン物質の不活性化

◆発ガン物質には種々の物質があるが、特にニトロソ化合物は食物の中のアミンと亜硫酸塩から容易に生成されます。

◆そこで我々は肝ガンを起こすジメチルニトロソアミン(Dimiethyl Nitoroso Amine)に注目し、この発ガン物質を不活性化するエンテロコッカスを探索した結果エンテロコッカス・フェシウムに著しい効果のあることを発見しました。

◆エンテロコッカス・フェシウム(E,フェシウム:E, Facium)の13株に強い不活性化を示し平均52%もの発ガン物質を抑制している事がわかりました。

人の糞便から分離されたジメチルニトロソアミン活性阻害のエンテロコッカス】

菌 種 菌株数 疎害率(%)
E.faecalis  3  8.0
E.faecium 13 52.0
E.avium 2 8.0
E.mitis 8 32.0
Total 25 100