【ガンとカワイ株】

 maruto kawai-hanbai 


河合康雄博士の検証より

※腹水ガンの検証(マウス)

◆ガン患者は年々増加し近年ガン死亡者は年間37万人に上っています。

※2人に1人が疾患し、疾患者が約100万人ともいわれています。

◆ガンはどんな臓器にも発生し、かつ症状も異なり難しい病気です。

◆マウスにエールリッヒ腹水癌(ヒトのガン)を移植しました。

◆お腹はガン細胞が増殖し膨れ上がり毛も異状に変色しています。

◆マウスにカワイ株を経口投与をし続けると腹水癌がきれいに治癒し正常に戻りました。



※乳がんの検証(マウス)

◆マウスにMM46乳癌(ヒトの癌)を移植し普通食とカワイ株を与え比較しました。

30日後にカワイ株を与えたマウスは乳癌の大きさが半分に減少しました。

◆カワイ株はマウス検証で乳癌に抗癌作用があることが判りました。



※腹水ガンの延命率(マウス)

◆マウスにエールリッヒ腹水癌を移植しカワイ株粉末の抗癌作用、延命率を実験しました。

◆ガン細胞移植後、全マウスは23日目で死亡に対し、カワイ株投与群では長いマウスで104日と延命効果を示しました。

◆カワイ株の延命効果は2,4倍もあり他のエンテロコッカスでは30%以下でした。

◆この延命効果は人では余命3ケ月と言われた人が少なくとも3年以上の延命を意味します。

※患者テストでは余命3ケ月と言われた人がカワイ株により治癒し元気になった例が様々報告されています。

エンテロコッカス死菌体粉末の

エールリッヒ腹水癌に対する抗癌作用

エールリッヒ腹水癌5×105/マウス腹腔に移植エンテロコッカス死菌体粉0.5㎎/マウス腹腔に投与マウスはICR雄6適齢を使用

延命率(%)=(投与群の生存日数ー対象群の日数÷対象群の生存日数×100

※生存日数: 投与群55.3±  32.7(5匹)、対象群23.0±    0.0(5匹)



【click under about cancer】

がん物質の無毒化

発ガン物質はたいていの場合、食物の中に含まれています。

がんとは何か

ガン細胞は誰にも存在し、その発生は転移ではなく各部位での変異原物質やガン細胞と臓器細胞の免疫力との戦いと言われています。

ほとんどのガンの発生の発端は細胞のDNAの損傷であり、その主たる現象は突然変異です。

抗がん物質と抗がん因子

我々の体内には毎日頻繁に多種多様そして多量の発ガン物質や変異原物質が侵入し発ガンの危機にさらされている。

そしてガンによる死亡率も年々高まっています。


ガンの免疫療法

ガン細胞の増殖に伴い免疫能は低下する。

この免疫能を高めることによって原発ガンの転移、再発防止、ガンの治療を目的とするのが免疫療法です

2人に1人がガンの時代

現在2人に1人がガンに罹り時代です。

ガンに罹る人は年間100万人、亡くな人は年間37万人もおられます。



※発ガン物質の不活性化

◆発ガン物質には種々の物質があるが、特にニトロソ化合物は食物の中のアミンと亜硫酸塩から容易に生成されます。

◆そこで我々は肝ガンを起こすジメチルニトロソアミン(Dimiethyl Nitoroso Amine)に注目し、この発ガン物質を不活性化するエンテロコッカスを探索した結果エンテロコッカス・フェシウムに著しい効果のあることを発見しました。

◆エンテロコッカス・フェシウム(E,フェシウム:E, Facium)の13株に強い不活性化を示し平均52%もの発ガン物質を抑制している事がわかりました。

【人の糞便から分離されたジメチルニトロソアミン活性阻害のエンテロコッカス】

菌 種 菌株数 疎害率(%)
E.faecalis  3  8.0
E.faecium 13 52.0
E.avium 2 8.0
E.mitis 8 32.0
Total 25 100