カワイ株の特徴

乳酸球菌カワイ株

 ※河合康雄博士の検証より


◆カワイ株の特徴や発見について掲載しております。

◆カワイ株を健康に良い乳酸菌食品としてお勧めします。

ダウンロード
カワイ株の検証
乳酸球菌カワイ株の特徴や腸内細菌などについて取り纏めております。
乳酸球菌カワイ株の検証.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 4.6 MB

※乳酸球菌カワイ株

乳酸球菌には、様々な種類があり色々な食品に含まれています。

カワイ株は多くの乳酸球菌の中でも人の胃腸内存在する腸内細菌から世界で初めて発見した

有用な乳酸菌体です。

乳酸菌は一般的に腸内を酸性に保ち腸内悪玉菌増殖を抑制し、抗菌整腸作用をコントロール

する働きがあります。

カワイ株はこれらの働きに加え、特に優れてコレステロール・中世脂肪に作用する健康良い働きをする人由来の乳酸菌体です。

免疫能でも一般の乳酸菌(乳酸桿菌)を凌ぎ優れた能力がある事を検証しております。


※乳酸菌とカワイ株

◆乳酸菌はチーズ・味噌・醤油・漬物など様々な食品に含まれています。

◆ヨーグルトやヤクルト等の発酵乳飲料は牛乳を発酵させて作る発酵乳(乳酸菌?)がよく知られています。

◆カワイ株はこれらの自然界に存在する乳酸菌と異なり人の腸内細菌から分離・発見された人由来の乳酸球菌です。

◆従って人の身体に馴染み易く副作用の心配が少ないない安心・安全な乳酸菌食品です。

◆またカワイ株は更に熱水処理し物質化しておりますので微小物質が強力な胃酸で破壊されることなく毛細血管などから全身に浸透する乳酸菌体です。

※乳酸菌は従来、生菌体でないと効果がないとの未検証の理論が一般的でした。

※河合博士はカワイ株の研究で物質化した死菌体の方が生菌より免疫力が3倍も優れていることを検証し発表しております。

◆カワイ株の働きはカワイ博士が多くの研究データーで学術的に証明し国内外で特許を取得しております。 

※物質化したカワイ株

カワイ株は、熱水処理で死菌体化することで物質にしております。

生菌体は胃酸で殆ど破壊され生き残った菌体は13mの腸管を単に整腸作用を伴い通過し体外に排出されるに過ぎません。
カワイ株は物質ですので胃酸の影響で破壊されることなく微小物質が毛細血管10万km浸透し 身体全隅々まで巡り健康に良い働きをします。

河合博士は、カワイ株で「生菌体と死菌体」の比較を行い物質化したカワイ株粉末は生菌体に比べ免疫能が3倍も高いことを検証しました。

物質化したカワイ株の特徴はこちらから

※乳酸菌は、生きている事が必要と言われてきましたが生きている必要はなくカワイ株 菌体内成分の蛋白や多糖体など活性物質が影響しています。

・コレステロール低下物質:分子量30.000の蛋白質が作用

中性脂肪低下物質   :分子量14.000の多糖体が作用



※カワイ株は人由来の乳酸菌

「人には人の乳酸菌」が胃腸管へ最も良く定着します。
同様に動物にはそれぞれの動物由来の乳酸菌が最も定着します。
人由来の乳酸球菌エンテロコッカスは他の乳酸菌を凌ぎ、圧倒的に多い胃腸管への定着率を占め最も重要な菌体として胃腸管をコントロールしています!
※ラットの検証では胃に定着するエンテロコッカスは内容物1g当たり1億個、ビフィドバクテリウム8千個、ラクトバチルス百万個を遥かに凌ぎ多く定着しています。
乳酸球菌カワイ株はエンテロコッカスに属する乳酸菌体です。