◆免疫・免疫力とカワイ株

◆株式会社マルトー(乳酸球菌カワイ株)


※免疫能の力

ウイルスは抗生物質では殺すことが出来ないうえ抗原をドンドン変えて行く特徴を持っているため私たちの免疫力が都度、抗体を作りなおさなければいけません。

抗体を作りなおすには常に免疫力を強く保つ以外に対抗手段がありません。

中でも腸内細菌は体の免疫能に深く関わっています。


※免疫の機能

血液は骨髄で作られますが幹細胞と呼ばれる細胞が枝分かれし色々な役割に分かれています。

そしてリンパ系細胞と単球、好球中、好塩基球、好酸球などの白血球を構成します。

まだ未解明の部分が多いですが外傷のばい菌等に対しては好球中と単球が主役となり、がん細胞ウイルス感染した細胞は単球が発見・通報・攻撃し体内のあらゆる敵に対して専守防衛をしています。

単球は通常マクロファージと呼ばれリンパ系細胞のT細胞は指揮官、B細胞は化学者として働きマクロファージがサイトカインという物質を出し連絡・報告をしないと支援部隊が形成されず免疫が軍団としての機能を失います。

※乳酸菌は全般的に免疫力を高める作用があります。

※免疫力を高めることはガン・肝臓病・風邪・肺炎・感染症リスクから身体を守ることに繋がるとになります。


※免疫の役割

恒常性維持機能の中で体を守る働きを総称して免疫と言います。

免疫は私達の体内の新陳代謝にも大きく関係し老朽化した細胞を壊す役割を担います。

ガン細胞や老朽化した細胞は毎日出来るので毎日免疫力を高める食事、栄養素を摂る必要があります。

白血球は、ばい菌や正常細胞などがガンに変わった場合、殺す働きだけでなく好球中やウイルス に対抗して抗体を作るB細胞を持っています。

食事で摂った栄養素は腸で吸収されますが大半は小腸での吸収となります。

栄養吸収のため肝臓や腎臓などから消化液・消化酵素がでます。

腸内には100兆個の腸内細菌が棲み、中でも乳酸菌が大きな作用をしています。

乳酸は成長期に欠かせない栄養吸収を高めるビフィズス菌などの乳酸桿菌、余分な脂肪分の排泄能力を高める乳酸球菌があります。

これらの乳酸菌は腸内で乳酸など酸を作るため一括して乳酸菌と呼ばれ腸の壁を刺激し煽動運動し腸内の内容物を先へ送り出す働きを高めます。

また食中毒など起こす大腸菌O157のようなばい菌が入り込んで来ても乳酸がばい菌を溶かし殺し増殖を抑えるため食中毒に罹りにくくなります。

しかし、腸に乳酸菌が少なくなると煽動運動が鈍くなり内容物が停滞し便秘になり大腸がんにもなり易くなります。

乳酸菌を多く保つと通じが良くなり大腸がん防止などの可能性が期待できます。

※乳酸球菌カワイ株は胃腸内の乳酸桿菌・乳酸球菌を増殖させる働きがあります。


※がんと免疫力

私たちの最大の敵はガンです。

ガンは3秒~30秒に1個、ガン細胞が体のどこかにできていると言われてます。

 ※がん細胞は一生で多い人で10億回、少ない人でも1億回発生すると云われています。

つまりいつ誰がガンになっても不思議ではありません。

増え続けるガンに対して自分だけ大丈夫という意識が日本人は高いようです。

1個のガン細胞は10年30回ほどの分裂を繰り返し10億個、早期発見の1cm・1g大きさになります。

※更に2年~3年で8回程分裂を繰り返し1兆個1kgの大きさの末期ガン状態になります。

そこに行きつくまでにガン細胞を攻撃し死滅させてくれるのが免疫力の白血球です。

現代は加齢・ストレス・生活習慣の乱れ等で白血球の元気がなくなりガンが急増する環境にあります。

白血球がガン細胞を攻撃する力のことを免疫力と言います。

※ガンの予防やガンの進行を抑える手段として白血球の数を増やし免疫力(マクロファージ)を高める方法があります。

※乳酸球菌カワイ株と免疫能への関わりについては河合康雄博士著「驚異の乳酸球菌」などを参照頂ければ幸いです。


カワイ株の免疫能

人間の身体に異物が入ってきたときに、その異物と戦って人間の身体を正常に保とうとする作用の一つに免疫機能があります。

私達の研究の結果、この免疫機能の向上にもカワイ株が関与していることがわかりました。

カワイ株死菌体粉末の沈渣及び上清をマウスに投与したころマクロファージ活性が約3.2倍から4.6倍に高められ貪食能も約1.4から1.9倍に高められました。

さらにβ-グルクロダーゼ活性も約1.8倍から5.9倍に高められました。

カワイ株死菌体粉末は免疫機能を顕著に向上させる事が判明しました。


乳酸菌の免疫力比較

カワイ株は一般の乳酸菌(乳酸桿菌)に比べ免疫力が優れています。


生菌体と死菌体

カワイ株の検証では物質化したカワイ株死菌体は生菌体に比べ3倍も免疫能に優れています!