◆カワイ株と共に!


女性義姉の同世代の知人!

東京在住の義姉(83歳)の同年齢知人女性

体調が優れない知人女性が薬いらずの義姉の元気な姿を見て何をということで自分もと言うことでカワイ900を2019年4月から開始されました。

「1ケ月・100包」の飲用サイクルで体調が良いとのことで7月2日に3回目のリピートとなりました。

明るい声でお元気そうな電話をいただき何よりでした。


胃がん手術から数年が過ぎて!

鹿児島在住の知人の知人女性(60歳代)

胃がん全摘手術前後、カワイ900を3年ほど飲まれ再発もなく順調に過ごされていました。

その後2017年11月に飲用を停止し漢方薬やサプリ、プラセンタなどに切り替え飲用、神様の念なども受けておりました。

所が2019年6月になり腹水がたまるので診察したところ腹水ガンと診断されました。

そこで再度、カワイ株に復活ということで今月から急遽再開を始められました。

通常5年再発しなければですが、今は健康を取り戻されることを願う次第です。


令和の時代を迎えて!

新しい時代、令和の時代を迎えて(ビユティフル・ハーモニー)!

河合乳酸球菌研究所の依頼により「カワイ株便り」に令和の時代を迎えるに当たってメッセージを投稿させていただきました。


進行性の癌

父親が進行性ガンで1月にカワイ900を6箱(600包)を急いでお求めの都内在住の女性!

1日10包を飲ませ経過をみておりましたが、殊の外、良かったようで改めて3月に6箱のリピートを頂きました。

電話でお聞きした話では体調が随分良くなり、食欲も戻り良かったとのお話を頂きました。

家族全員でということでカワイ80を12箱も同時にお求めいただきました。

健康がすべてに優先し予防が一番を改めてと思われたそうです。


胃の調子が優れない

都内在住の45歳女性!

昨年の10月、電話で母親の胃の状態が極度に酷く吐き気と下痢が続き、ガンへの移行を心配されカワイ900を1箱(100包)お求めになりました。

今年の2月になって「劇的変化」ということ、慢性的に引いていた風邪も引かなくなり食欲も出てきたとのことで再度カワイ900をお求めいただきました。

そして今月の5月再度ということでカワイ900(2箱)そしてとても良くなったとのこと、何よりです。


◆神経内分泌性腫瘍

近所の女性!神経内分泌性腫瘍
2012年末、神経内分泌性腫瘍の診断を受け抗がん剤治療を始められました。
幾つかの抗がん剤を試され、副作用などもあり、疲労感が高いことからカワイ株を試したいと言うことで飲用を始められました。
同年齢の仲の良いお友達が相次いでガンでなくなられ精神的にもショックが多く、またお孫さんが成長するまで5年以上は何としてもとの願いを強くお持ちでした。
2013年10月から抗がん剤との併用を始めた所、少しずつ副作用も軽減し、腫瘍の進行が止まり、生気が戻り、病院からも一安心との診断を受けるほどになりました。
85歳になられ、お孫さんは大学生、お歳は召されましたが、ご夫婦で爺婆馬鹿を楽しんでおられます。孫は何とも可愛いものです。


◆焚火で火傷

知り合いの岡山在住の女性
子供の頃、冬焚き火をしてた時、不意に火がスカート、ストッキングに引火し足に大きな火傷を負いました。

火傷で皮膚がケロイド状態になり大人に成長するに従って皮膚がつるので3度ほど皮膚移植をしたとのことでした。

年頃になっても恥ずかしいので夏の外出時でも透けない黒目のストッキングを履き目立たないようにし働いていました。

10年ほど前、体調が優れないとの電話がありカワイ株乳酸菌を飲み始めました。

1年2年と経つ内にケロイド状態だった足の皮膚が再生し薄目のストッキングが履けるようになり、娘さんからも良かったと喜ばれ、抜け毛が激しかったのも少なくなったとの電話がありました。

当時ポーラで研究所長をしてた高校時代の友人に聞くと、それは、もしかして幹細胞の活性化が起きたのではないかと言うことでした。

とにかくコンプレックスとなっていたハンデが薄れたことから気も心も明るくなり何よりでした。


◆健康はありがたい!

私と同世代の甥の義父が3年胃がんが進行し胃を全摘、脾臓も切除しました。

術後の再発を懸念し甥がカワイ株を買って渡した所、気に入ったのか3ケ月に一度無くなりかけるともう無くなりそうと連絡してくるそうです。

3年経った今、食欲があり逆に太り気味の方が心配と言うほどに健やかになったのでやれやれとのことです。

健康は有難いと今更ながら喜んでいるようです。


◆カワイ株との出会い

私共では義兄を61歳で膵臓癌で亡くしています。
私の両親、祖母、家内の両親も同様に癌で他界しております。
そして義姉も69歳(現在83歳)の時、子宮の指数が3⁺のグレーゾーンでかなり思わしくない状態でした。
所謂2人に1人がに該当しておりました。
そんな折2004年に義姉がカワイ株を勧められ飲用を始めました。
子宮の出血、ポリープの除去などがありましたが、半年・1年と経つ内に状態が好転し今では骨粗しょう症の薬を飲むだけで全く正常な状態に戻りとても良かったです。
2006年以降、家族・親族、皆で乳酸菌を飲み始めましたが、誰もこの病気に罹ることなく過ごしていらることは喜ばしい限りです。
兎に角、予防が一番を心に刻んでおります。


◆元気な義姉

83歳になる義姉が金曜日から2泊3日でやって来ました。

69歳の時、子宮の指数が3+グレーゾーンで出血が止まらなかったりで優れず、胃のホリープも過去3回ほど取ったり、扁平たいせんに煩わされたり、若い頃から便秘が酷く7~10日の頻度だったりで健康面の苦労が多い時を過ごしていました。
そんな義姉の様々な状態がカワイ株と出会い、10年程前からすっかり改善しとても元気で食欲旺盛なのは喜ばしい限りです。
追伸:体調不振だったころ電車の釣り革に捕まるのも恥ずかしいと思うほど手が真っ黒でしたが、いつの間にか綺麗になったのが嬉しいと申しております。


◆早くカワイ株と出会っていれば!

61歳で他界した義兄!
ルンルンと沖縄に旅行に行って間もなく、体調が優れなくなり急遽、帰京し青山の病気で検査したら膵臓に黒い影がと言うことで急いで国際医療センターに入院しました。

手術は難しいと言うことで義兄は西洋、東洋医学を併用して直すといい、また宮崎の神様からガンなら念でガン腫瘍を砕き治ると言われ月に何回か来てもらったり電話で念を入れてもらったりして姉妹も信じ最後はそれにかけていましたが甲斐なくどんどん衰弱し、ガンの発見から6ケ月後の2002年に61歳で他界しました。

昔から太く短くなんて言ってたのが現実となってしまいました。

その後、河合博士夫妻と出会いもっと早く出会っていれば残念と言うことで親交が始まり義姉を筆頭に家族(家内、子供、孫)・親族がカワイ株を飲むようになり現在に至っております。


◆皆ででカワイ株

都内在住の女性!

父親の状態が極度に優れない(恐らくG)ことから2月初めに含有量の一番多いカワイ900(6箱)お求めになられました。

そして昨日電話でリピート(6箱)をいただきました。

1日10袋のペースで引用しているとのこと、状態がとても良いとのことでのリピートでした。

また家族全員でも継続して飲用をしたいと含有量の一番少ないカワイ80(12箱)も併せてお求めになりました。

一言、人由来の乳酸菌ですので、副作用の心配がないことで信用・信頼がいただけたのが何より幸いです。


◆輸血で肝臓が!

名古屋に在住の義姉(現78歳)!

若いころから貧血が酷く出産が難産で輸血をした影響から肝臓の指数γGTPが慢性的に300~400と高くなり疲労感や肌荒れ、シミも多く直ぐに肩で息する辛い状態が続いていた義姉でした。

2006年4月からカワイ900を飲み始めて次第に肝臓の指数が下がり数年後には80まで下がりました。

更に数年後には基準値の40以下になると共に疲労感や肌艶も良くなり化粧の乗りも良くなり趣味の美術館巡り、旅行、食事会など元気に楽しんでおります。


◆ガンとカワイ株

所沢在住の女性!

ご主人がガン末期で全身に転移し酷い状態ででした。

知人からカワイ株を紹介されご主人にカワイ900を2013年8月から10包/日のペースで飲ませ始めました。

次第に肝臓を除く腫瘍が見えなくなり体調も良く自宅で療養おりましたが1年位経った頃、突然持病の喘息が出て、呼吸不全で急死しました。

ご本人も昔から甲状腺がんがあり2回ほど手術し3回目の手術を控えていました。

ご主人に良かったのでご自分もと、その数か月前からカワイ900を2~3包/日のペースで飲んでおられました。

そして入院・手術を覚悟し病院で検査をしたところ腫瘍が小さくなっていることで手術の必要なしと診断されホッとして以来再発することなく以前の手術痕も目立たなくなり今もカワイ株を再発予防と健康維持のため継続し飲用されております。