※動脈硬化の最大危険因子はコレステロールと中性脂肪

株式会社マルトー(乳酸球菌カワイ株)


三大成人病、特に脳疾患と心疾患の最大危険因子は動脈硬化です!

簡単に言えばコレステロールと中性脂肪が原因です。

◆コレステロールや中性脂肪は人が生きていく為にはなくてはならないものですが、過剰に摂りすぎると脂質が蓄積し動脈硬化の原因となります。 

 ※コレステロールは老化と共に増加します。

腸内細菌がきちんと住み着いている腸管は老化してもコレステロール余り増加しないのです。

 ※腸内細菌はコレステロールをステロイドホルモンなどに分解する働きがあります。

カワイ株の検証ではカワイ株菌体核内有効成分の蛋白質や多糖体活性物質がコレステロールや 中性脂肪を分解する作用があることを科学的に検証しております。