◆乳酸菌を凌ぐ乳酸球菌の重要性

Welcome to maruto home page


◇乳酸球菌エンテロコッカスは一般の乳酸菌を遥かに凌ぎ胃腸管への定着性に優れます。

人由来の乳酸球菌カワイ株は定着性に優れるだけでなく腸内乳酸菌を大幅に増やす働きがあります。

乳酸球菌は乳酸菌の一種です。

丸い形をしているので球菌と呼ばれています。

ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌は大部分が棒状で桿菌(細長い菌)と呼ばれています。

乳酸球菌の中でエンテロコッカスと言われる球菌は一般的には食品に含まれています。

 漬物(ぬかみそ漬け、すぐき、キムチ、スンキ漬け、きざみ漬けなど)、練り製品(魚肉ソーセージなど)、乳製品(チーズなど)、豆乳、菓子(カステラ、ナマクリーム、シュークリーム、ショートケーキ、生あんなど)、野菜(ナス、キュウリ、トウモロコシ、ニンジンなど)、穀物(小麦など)、飼料添加物、飼料、生菌剤、発酵生産物、牛乳、粉乳、発酵飲料などに含まれています。

つまり乳酸球菌は殆どの食物に含まれています。 

しかし腸内細菌としての乳酸球菌の利用については前例の研究がありませんでした。  

◆乳酸球菌の種類と定着数 

人間の胃腸管から取れる腸内細菌としての乳酸球菌はエンテロコッカス・フェカリス菌をはじめとしてフェシューム菌など10種類以上が存在します。 

重要なことは同じフェカリス菌でも生活習慣病に有効な乳酸菌体はカワイ株だけなのです。 

人の胃腸管内に存在する乳酸球菌フェカリス菌は胃に10万個~1千万個、小腸に1千万個~1億個、大腸には10億個も存在しています。(胃腸管内容物1gあたり) 

正常な人の便1g中には約1千万個~10億個も存在しています。 

腸内細菌は「第三の臓器」考えられ合わせると約1kg~1.5kgの重さになります。 

乳酸球菌は胃で約1億~100億個、小腸で100億~1千億個、大腸では約1兆個存在しています。 

腸内細菌全体の数が約100兆個と言われ乳酸球菌が前述した数量が存在していても不思議はありません。

【乳酸菌の有効摂取量】

※ヨーグルトなどの乳酸菌飲料は乳酸菌含有量10億個~100億個と巷で言われPRされてますが腸内細菌100兆個に対し微々たるものです。

※最近では乳酸菌の有効摂取量は1兆個/日とも言われています。


◆乳酸菌を凌ぐ乳酸球菌の重要性 

乳酸球菌エンテロコッカスは他の乳酸菌のラクトバチルスやビフィッドバクテリウムと比較しどのくらい胃腸管に棲みついているのか無菌ラットを使いその定着数を調べました。 

定着傾向は三つの菌とも類似していて、十二指腸を除いて、共に増加していることが分かりました。 

更に重大なことは三つの菌の中でエンテロコッカスの定着率が最も高く胃ではビフィッドバクテリウムが8千個(内容物1g当り)しか定着していないのに対しエンテロコッカスは1億個も定着していました。 

これまで乳酸菌ビフィッドバクテリウムの定着率が最も高いとされてましたが、このデーターによって乳酸球菌エンテロコッカスの定着率が最も高いと言うことがわかりました。 

これは乳酸球菌エンテロコッカスが他の乳酸菌を凌いで最も重要な菌であることを意味するのです。