◆発がん物質・発がん酵素無毒化作用


 ◆発がん物質無毒化作用

(河合康雄著より)

発ガン物質はたいていの場合、食物の中に含まれています。

醤油の中にはジメチルアミンという発ガン物質の元が含まれています。

これが胃酸などによってジメチルニトロソアミンという発ガン物質に変化し体内の細胞をガン細胞化してしまいます。

ニトロソ化合物は食物の中のアミンと亜硫酸塩から容易に生成されます。

そこで我々は肝ガンを起こすジメチルニトロソアミン(Dimiethyl Nitoroso Amine)の発ガン物質にカワイ株を添加実験をしました。

すると殆どの発がん物質は無毒化してしまいました。

つまり発がん物質がなくなってしまったのです。


◆発がん酵素無毒化作用 

細胞がガン化する時、ある酵素が働きます。 

ニトロレグクターゼという酵素です。

この酵素にもカワイ株を添加してみました。

予想した通り悪玉酵素の働きは著しく低下しました。 

つまり、カワイ株は発がん性酵素も無毒化したのです。 

カワイ株が細胞のガン化を防ぎ、ガンを予防していることを示すということです。



※発ガン物質の不活性化

◆発ガン物質には種々の物質があるが、特にニトロソ化合物は食物の中のアミンと亜硫酸塩から容易に生成されます。

◆そこで我々は肝ガンを起こすジメチルニトロソアミン(Dimiethyl Nitoroso Amine)に注目し、この発ガン物質を不活性化するエンテロコッカスを探索した結果エンテロコッカス・フェシウムに著しい効果のあることを発見しました。

◆エンテロコッカス・フェシウム(E,フェシウム:E, Facium)の13株に強い不活性化を示し平均52%もの発ガン物質を抑制している事がわかりました。