※カワイ株を口に含むと暖かくなる!

株式会社マルトー(乳酸球菌カワイ株)


カワイ株を口に含むと口の中が暖かくなり口全の中全体に広がります。
これは、この菌体の活性が高いことを意味します。

カワイ株の微小物質は速やかに毛細血管やリンパから浸透し全身に吸収されるからです

◆カワイ株は製造工程で活性度を確認し製品化されております。

※活性度の代表事例としては免疫活性などがあります。


※腸内環境に必要な乳酸菌の摂取量

胃腸管に定着する腸内細菌の数は「300種類・100兆個」と言われています。

身体に効果的な乳酸菌の摂取量は「1日・1兆個以上」と言われてます。

一般のヨーグルトなど発酵乳は100mℓに「10億個~100億個」の菌体を含むに過ぎません。

乳酸球菌カワイ株は物質化することで「数gで数兆個」の菌体を含みます。

食物の殆どに乳酸球菌は含まれています。

バランスの取れた食生活とカワイ株で適正な腸内細菌バランスを整えましょう。


※低体温はガン細胞やウイルスを増殖させる危険が高まります!

ウイルスや癌細胞は体温が36°Cを越えると増殖が抑制されるといわれます。

逆に体温が35°C前後の低体温はガン細胞やウイルスなどの増殖が活発になります。

体温は免疫力や抗菌力など健康の恒常性維持のバロメーターと言えます。