◆腸内細菌の栄養源

乳酸球菌エンテロコッカスの核内にはムチンなど有効物質が存在し栄養源として腸内乳酸菌を増殖させます。

ムチン添加で特にエンテロコッカス菌が100個が1億個に増えたことが顕著です。


◆腸内細菌の定着性

 

人間の乳酸球菌は人間に最もよく付着する!

乳酸球菌は腸管上皮をおおっている糖タンパク(ムチン)や糖脂質から構成されている粘液層によって腸管上皮に付着しています。

人体から採取された乳酸球菌とサルおよびラットから取れた乳酸球菌との付着率を比較しました。

驚くべきことに人から採取された乳酸球菌は人の腸管によく付着するのですがサルやラットには付着しにくいことが分かりました。

逆にサルやラットの乳酸球菌も人の腸管に付着しにくいことがわかりました。

こうした点で人から取れた乳酸球菌とサルやラットから取れた乳酸球菌とは相違していることが分かったのです。

このことは進化の過程で人類の乳酸球菌がほかの哺乳動物の乳酸球菌と大きな差がでてきたことを意味します。

これは乳酸球菌の研究で初めて証明された「進化」の一例と言えます。

【腸内細菌と乳酸球菌エンテロコッカス】

◆腸内細菌としての乳酸球菌エンテロコッカスは他の乳酸菌を遥かに凌ぎ胃腸管い最も多く定着しています。

◆このことは乳酸球菌エンテロコッカスが腸内細菌としての乳酸菌の中で最も重要な菌であることを意味します。



◆乳酸菌の増殖作用


◆乳酸菌の定着数

腸内には乳酸球菌エンテロコッカスが最も多く定着しています。