◆生活習慣病【マルトー:乳酸球菌カワイ株】

喘息

喘息は全んどが気管支喘息で発作性の呼吸困難であり自己免疫異常と言われています。

原因として「外因型=アトピー型」と「内因型=感染・ストレス性」に分かれます。

外因型は10才以下で発症する事が多くアレルギーの家系に多い事が知られています。

またカビ・ハウスダスト・花粉等を吸う事で発作が起きることも分かっています。

内因型は40才後に起こる事が多く季節の変わり目に起き易くなっています。

その他では天候の変化、精神不安定によっても起こりますが現在は子供・大人を問わずストレスににり起きることが非常に多くなって来ています。

発作は普通、数時間で治まりますが稀に発作中に死亡する事もあります。

発作時の治療として気管支拡張剤の吸入、副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用します。

これらは劇的な効果がありますが一度使うと中止する事が非常に難しくなります。

効果が劇的な分、副作用も強く免疫力も下がる為、特に発作の起こり易い季節(秋)は心身の疲労、睡眠不足、 食べ過ぎには注意が必要です。

◆作を軽く抑える事は重要ですが、もっと重要なのは発作を起こさないようにする事です。

特に外因型=アトピー型の子供達は乾布摩擦やスイミングなど皮膚・機関を鍛える事が効果的です。 

※免疫力は抑えつけるのではなく元々免疫が持っている免疫寛容力を高める必要があります。