◆生活習慣病【マルトー:乳酸球菌カワイ株】

メニエール病

メニエール病とはよく聞く病名ですが何故起きるのかは未だ解っていません。

病状として、めまい・難聴・吐き気が特徴的です。

◆メニエール病で解っているのは症状を起こす原因が耳の中奥部分にある蝸牛の中に外リンパ液・内リンパ液が入っていますが内リンパ液が何らかの原因で量が増え過ぎ影響を与えている事だと解っています。

内リンパ液の量は自律神経で管理されていますがストレス・過労・睡眠不足等によって自律神経が乱れると異常が起きやすくなります。

予防対応策としては疲労・睡眠不足を避けストレスを発散する発散出来ない人は心理療法を受けるなどがあります。

メニエール病の前兆として、多くは耳が詰まった感じとか耳鳴りがあります。

この前兆を見逃さない事がメニエール病を悪化させない秘訣です。

メニエール病の症状は発作的で目眩や吐き気は大体20分~6時間程度で治まります。

この間の対応は安静が第一で発作がひどい場合は薬剤・注射・点滴を行います。

普段はリンパ液が停滞しないよう尿がよく出るようにしておく必要があります。

リンパ液を停滞させない手術もありますが難聴の後遺症が残る危険性が高まります。 

※乳酸菌は免疫力を高める事で自律神経を支え循環機能や腎臓の働きを高め尿を出易くします。

※この働きがメニエール病の予防・早期回復に繋がると期待されます。