◆色々な病気とカワイ株

◆株式会社マルトー(乳酸球菌カワイ株)

ダウンロード
色々な病気
病気とカワイ株.xls
Microsoft Excel 161.5 KB

リュウマチ

リュウマチは、特に慢性関節リュウマチが有名ですが、全身に起きる得る病気で全身の関節に

炎症が起こり痛みや腫れが生じるものを慢性関節リュウマチと呼んでいます。

リュウマチの特徴は、患者の約80%が女性で30~50代の働き盛りの人が罹りやすいと言われています。

リュウマチの原因は自己免疫疾患と解ってきましたが自分を守る免疫が何故自分を 壊してしまうのかだ解明されていません。

現在免疫に狂いが生じる原因としては遺伝体質・ウイルス・生活環境・ストレス・出産そして最近では腸内細菌の悪玉菌が注目されています。

リュウマチの症状は関節が腫れたり、変形したりしますが、リュウマチになったら直ぐ 変形するわけではなく最初の自覚症状は朝起きた時のてのこわばりが特徴です。

これは関節にある滑膜が増殖する事に起因します。

滑膜は関節液をつくり関節がスムーズに動くようにする役割をしますが関節に炎症が 起きると滑膜自身も増殖し骨や軟骨を侵食し、破壊するため痛みが起きます。

炎症が初期の場合、腫れが引けば治まりますが長期に渡ると慢性化し滑膜が厚くなり骨同士が

くっつき関節が変形しやがて動かなくなります。

治療・リハビリは、軽い運動や入浴など関節が動かなくなるのを防ぐ事が中心となります。

 但し、朝のこわばっている状態での運動は逆効果で、午後~夕方の運動が効果的です。 

※自己免疫異常を正常化し有害物質を 作り出す悪玉菌を減らし善玉菌を増やし血液の循環を改善する必要があります。


結核

昔から結核はありましたがストレプトマイシンなどの抗生物質が開発され絶滅が期待されましたが、20世紀の後半から、また増加傾向を示すようになりました。

厄介なのは、現在感染している結核は以前の抗生物質に対し、耐性を持った結核菌に変化し種類の抗生物質では逆に菌の耐性を強固にしてしまい、とても治り難い結核となってしまいす。

更に2つの問題があります。

①結核菌に対し抗生物質が効果を現すのに非常に長い時間がかかること。

結核菌の増殖は、他の病原菌に比し5倍以上の時間が掛り分裂・増殖する為,作用する抗生物質も他の菌に比べ5倍以上の期間(数か月)がかかる為です。

また数種類の薬を併用しないと逆効果なため副作用にによる肝機能障害を考慮する必要あります。

②結核菌がマクロファージに食べられてもマクロファージに元気がないと仮死状態で残り過労・ストレス等で免疫力低下時にぶり返す事です。

この様な厄介な結核菌は、抗酸菌という種類に入り細胞の外側に脂肪分の防弾チョッキを 着ている為、なかなか殺す事ができません。

結局どんな耐性を持っていても防弾チョッキを着けていても対抗できるのは自分の免疫力だけです。

◆結核菌は死んだふりをしたり、防弾チョッキを着けているため、完治に時間がかかります。


更年期障害

更年期障害とはよく聞く病名ですが、何歳ぐらいを更年期と言うのでしょうか。

基本的には女性の「閉経時期」の前後5年を更年期と位置付けています。

生理の無い男性には更年期と言える時期がないので、更年期障害という病名は「婦人病」ということになります。

ところが、現在は30代の女性でも「更年期障害」の診断が下りる事があります。

これは更年期障害の原因が卵巣で作られる女性ホルモンのエストロゲンとプロゲストロンの卵巣機能の衰えにより産出量を調節する自律神経が増産信号を出し、他の信号が疎かになり自律神経のバランスがおかしくなります。

自律神経失調症という症状の中で「のぼせ・発汗・冷え・動悸」等の不定愁訴が起こり体を悩ませるのです。

衰える年齢でない人でも生理不順の人は最初から女性ホルモンの産出量の調節が上手く行って いない為、20代や30代でも更年期障害が起こります。

女性ホルモンのエストロゲンはコレステロールや血圧を抑えカルシウムを骨に変え骨密度を保つ働きや、成人病の予防にも役立っています。

更年期障害が出ると成人病にも罹り易くなると言えます

治療法として急激に減った女性ホルモンを補給する方法がありますが多過ぎた場合の病気として子宮ガン・乳ガンがあり一概に補給が良いわけではありません。

少また、精神安定剤などで抑える方法も薬物依存症が心配されます。 

※善玉コレステロールを増やし血液の環境を良くするとホルモン・自律神経と共に身体のバランスが保たれ、免疫力を高まります。

※免疫の支えによってホルモンの過激な変化が緩和され「生理不順・更年期障害」も穏やかな変化となり、症状が緩和される可能性が高まります。


TIA(一過性脳虚血)

TIAとは効き慣れない言葉ですが、脳卒中の一種で、脳梗塞の中の脳梗栓にはいります。

◆卒中とは「卒然として邪風に中る」という意味です。

脳梗塞は脳の中の血管が詰まり、脳に血液が流れなくなり脳細胞が、死ぬことです。

脳梗塞は血管自体が詰まる脳血栓と心臓で出来た血栓が血管を塞ぐ脳塞栓に分かれます。

TIAは血栓が血管を塞いでしまう脳塞栓の中で24時間以内に症状が消える物を言います。

TIAの症状の多くは5分から数10分程度で消えてしまいます。

症状は、

顔を含む半身がしびれる。

手足に力が入らなくなり、持っているものを落とす。

片方の目が見えなくなる。

ろれつ(舌)が回らなくなる。

突然、ものが二重に見え始める。

言いたいことが言葉になって出て来ない。

これらの症状は、基本的に脳梗塞の症状と同じで、脳梗塞で倒れた人の約半数は1年以内にこの症状が見られます。

症状は少しの時間で消えるので、ついつい見逃し、発作を起こし、半身麻痺などになります。

血栓が出来ないようにするには、コレステロール・中性脂肪・血糖などを正常に抑え青魚の脂分であるDHA・EPAを多目に摂り、血液をサラサラに保つ事です。

血栓が詰まり難くするためにはHDLコレステロールの数値をLDLコレステロールの3分の1以上に保つ事が重要なポイントです。 

※HLDを増やしLDLを減らし、中性脂肪を減らし血液をサラサラ状態に保ち、援助信号のインターロイキンを増やしウイルスの排除を早める必要があります。


喘息

喘息は、全んどが気管支喘息で発作性の呼吸困難であり自己免疫異常と言われています。

原因として、「外因型=アトピー型」と「内因型=感染・ストレス性」に分かれます。

外因型は、10才以下で発症する事が多く、アレルギーの家系に多い事が知られています。

また、カビ・ハウスダスト・花粉等を吸う事で発作が起きることも分かっています。

内因型は、40才後に起こる事が多く、季節の変わり目に起き易くなっています。

その他では天候の変化、精神不安定によっても起こりますが、現在は子供・大人を問わずストレスににり起きることが非常に多くなって来ています。

発作は普通、数時間で治まりますが、稀に発作中に死亡する事もあります。

発作時の治療として気管支拡張剤の吸入、副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用します。

これらは劇的な効果がありますが、一度使うと中止する事が非常に難しくなります。

効果が劇的な分、副作用も強く、免疫力も下がる為、特に発作の起こり易い季節(秋)は心身の疲労、睡眠不足、 食べ過ぎには注意が必要です。

◆作を軽く抑える事は重要ですが、もっと重要なのは発作を起こさないようにする事です。

特に外因型=アトピー型の子供達は乾布摩擦やスイミングなど皮膚・機関を鍛える事が効果的です。 

※免疫力は抑えつけるのではなく、元々免疫が持っている免疫寛容力を高める必要があります。


肺炎

肺炎と風邪が混同されたりしますが、風邪は口腔から咽頭・喉頭・気管という上気道の粘膜にウイルスが感染して炎症を起こす病気です。

肺炎は、酸素と二酸化炭素を交換する肺胞に炎症を起こす病気でウイルスや菌などが感染する 場所が違います。

一般的には最初風邪を引き、風邪をこじらせると肺炎になる可能性があります。

更に違いは、感染原因が風邪はウイルス、肺炎は菌という事です。

私達の気管支は粘膜細胞に覆われていますが円柱上皮細胞と杯細胞という2種類の細胞で構成 され円柱上皮細胞にはウイルスなどの異物を捉える線毛が付いています。

この線毛が炎症で剥がれ落ちたり、円柱上皮細胞が壊れると細菌に感染し易くなり肺炎が引き 起こされます。

また老人は肺炎になり易いと言われますが寝ている間に唾液が間違って気管に流れ込み唾液に 含まれる細菌が肺に入ってしまう事に起因します。

老人は、喉の反射が鈍くなり、食べ物で咽る傾向があり危険性が高くなります。

◆風邪と肺炎の区別は、医者でも難しいのですが、単純な見分け方として痰があります。

◆風邪のウイルス感染は痰の色は透明或いは白色ですが、肺炎の細菌感染は黄色あるいは緑色を帯びいるのが特徴です。 

※従って肺炎の殆どはウイルス感染後の細菌による二次感染の為、治療は抗生物質で対抗し、免疫力を高め二次感染を防ぐ事が重要です。


難病

一般に難病と呼ばれ、国からも難病指定を受ける厄介な病気があります。

難病とは現代医学の力では治せず、国が難病と認め治療代を負担する病気です。

難病には、筋無力症・クローン病・潰瘍性大腸炎・筋委縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・突発性血漿板減少性紫斑病などがあり、これまで指定のパーキンソン・慢性肝炎・肝硬変などは平成14年に指定打切りとなりました。

指定継続となった難病の特徴は、原因が自己免疫異常が大半で自分で自分を痛めつける為 ウイルスを叩く抗生物質も 効かず手の施しようがありません。

慢性肝炎や肝硬変は原因が特定され、難病から外されましたが治る病気になったわけではありません。

自己免疫異常による病気は、リュマチ・喘息・アトピー等ありますが、何かの間違いで本来、守るべき自分の細胞を攻撃したり、自然界に在って当たり前のものを在ってはならないものとして攻撃してしまう誤爆の現象です。

これらの病気で厄介な点は、免疫力が攻撃力を十二分に持っていることです。

認識が正常になれば健康体なのに、認識誤認のため重病になってしまう事です。

治療は攻撃力が十二分にあるものを半減させる事で重篤な症状を抑えるだけで自分の身体を正常認識に戻す薬は ありません。

結局、自分の身体の免疫が気づくしか治る方法はありません。 

※免疫力を高めるだけでなく免疫を正常化する必要があります。

※但し、異常な免疫が順調に正常化する事は殆ど無く、強く・弱くの波を繰返しながら、除々に正常化へ進むのが特徴で良い時と悪い時を繰返しながら回復していきます。


帯状疱疹

帯状疱疹とは昔から帯くさなどとも呼ばれ、その内に治ると軽く考えられている病気ですが 反面、帯が身体を一周したら死ぬと言われています。

評価が分かれるのは帯状疱疹が「ひどく疲れた時」または「歳をとって抵抗力が落ちた時」に出る為、疲れが取れると同時に帯状疱疹も治ってしまう為です。

帯状疱疹の原因は、ウイルスで殆どの人が子供の時に罹った水疱瘡のヘルペスによります。

水疱瘡が完治して免疫が出来たはずなのに帯状疱疹のヘルペスウイルスが完全に死んだ訳では なく、 ウイルスが神経節に潜り込み生き延びるからです。

この生き延びたヘルペスウイルスは、免疫力が保たれている時は隠れていますが、ストレス・ 睡眠不足・抗がん剤・老化等によって免疫力が低下すると身体の表面に現れます。

特徴は、神経細胞に取り付いている為、非常に強い痛みを伴います。

その痛みを放置すると帯状疱疹後神経痛になり、ヘルペスウイルスが出て来なくても痛いという事になります。

帯状疱疹と気付かず湿疹と思い塗り薬等を使うと悪化し易いので医師の診断を受けることが重要です。

いずれにしてもウイルスが入り込む事は避けられない為、免疫力の低下を防ぎ血液の循環を悪くしないよう適度に身体を動かす必要があります。


非定型抗酸菌症

非定型抗酸菌症とは聞き慣れない病気ですが咳や痰・血痰・微熱等が出て結核と診断されレントゲンを撮ってみると僅かな影しか映らず慢性気管支炎や気管支拡張症などの病名が付けられますが、普通の薬では少しも治りません。

非定型抗酸菌症は、結核菌の親戚の様な菌で結核菌とそっくりです。

しかし、結核菌と違いドンドン進行したり、他人に感染するという事はありません。

これは非定型抗酸菌の持つ病原性が結核よりはるかに弱い事に起因します。

ただ厄介な事に取り付いた場合、他の菌だと抗生物質で退治できますが、非定型抗酸菌は結核菌よりはるかに頑固で確実に効く薬が未だありません。

中途半端に抗生物質を使うと菌が耐性を持ち、より以上に厄介な代物へと変異していきます。

更に危険なのは薬物治療が長期に渡る為、薬害で肝機能障害による肝不全が起きる事です。

非定型抗酸菌症に罹り易い人は主に次の様な人が毎年2000~3000人発病しています。

昔、結核に罹り、肺に空洞などの壊れた部分がある人

中年以降の女性

結局、安全な対抗・予防策は免疫力を強く保ち、抗酸菌を潰すしかありません。

免疫力は、菌に対抗する為に必要なものを必要なだけ作る能力を持っているので抗生物質のような副作用や薬害の危険を考える必要の無い自己防衛力です。 

※好中球・マクロファージという白血球の働きを強め殺菌作用を高め免疫全体の連携作用を高めることが必要です。


メニエール病

メニエール病とはよく聞く病名ですが、何故起きるのかは未だ解っていません。

病状として、めまい・難聴・吐き気が特徴的です。

◆メニエール病で解っているのは症状を起こす原因が耳の中奥部分にある蝸牛の中に外リンパ液・内リンパ液が入っていますが内リンパ液が何らかの原因で量が増え過ぎ、 影響を与えている事だと解っています。

内リンパ液の量は、自律神経で管理されていますが、ストレス・過労・睡眠不足等によって自律神経が乱れると異常が起きやすくなります。

予防対応策としては疲労・睡眠不足を避けストレスを発散する、発散出来ない人は心理療法を 受けるなどがあります。

メニエール病の前兆として、多くは耳が詰まった感じとか耳鳴りがあります。

この前兆を見逃さない事がメニエール病を悪化させない秘訣です。

メニエール病の症状は発作的で目眩や吐き気は大体20分~6時間程度で治まります。

この間の対応は、安静が第一で発作がひどい場合は薬剤・注射・点滴を行います。

普段はリンパ液が停滞しないよう尿がよく出るようにしておく必要があります。

リンパ液を停滞させない手術もありますが難聴の後遺症が残る危険性が高まります。 

※乳酸菌は免疫力を高める事で自律神経を支え循環機能や腎臓の働きを高め尿を出易くします。

※この働きがメニエール病の予防・早期回復に繋がると期待されます。


痛風

痛風は風が当っただけでも非常に痛くてたまらない所から名付けられた病気です。

この痛みは痛風発作と呼ばれ、初期は1年に1回、1週間程で嘘の様に痛みが消えます。

  このため、患者の殆どが重病とは考えません。

痛風は血液中の尿酸が多くなり過ぎて血液中に溶かせる量を超え体重等の圧力を受け流れが悪くなっている所で、ウニのような形に結晶化し、トゲのように尖った部分が刺さり痛みとなります。

更に、痛風は代謝が悪くなる事も起因しているので、1度罹ると中々治り難い慢性病です。

  重症になると心不全や内臓不全という死に至ることもある病気です。

痛風の原因は、私達摂る食事の中にプリン体という成分があり、この成分を摂り過ぎると尿酸が増え高乳酸血症と ってしまいます。

即ち、食べ過ぎ、飲み過ぎという事で、昔は帝王病と呼ばれていました。

対策としては食べ過ぎ、飲み過ぎを止め肥満体の身体を痩せさせたら、大半の人は痛風から開放されるという事になります。

ただ不思議な事に痛風の99%は男性に起こるという事です。

しかも痛風は妻や他人の言う事に耳を貸さない我儘な人に特に多く遺伝性を含む性格と男性ホルモンが大きく関与していると思われます。

また激しいスポーツをしている男性は、足の親指に特に負担を掛けるので痛風が出易い人となります。 

免疫力が疲れや睡眠不足で低下すると結晶化した尿酸を排除する働きが低下し症状が長引きます。 

※腸内細菌叢を改善し、体内の代謝を高め、更に免疫力を高め、尿酸結晶を出来難くし、排除のスピードを速める必要があります。


アトピー

アトピーとは不思議なという意味がありアレルギーの一種です。

しかし、アトピーになる原因は明確には解っていません。

症状としては、特に皮膚炎がよく知られています。

アトピーを発症させる切っ掛け(抗原)はハウスダストをはじめ色々あります。

ハウスダストにせよ他のものにせよ今急に出てきた物ではなく卵や牛乳アレルギーもずっと以前からありました。

一説には花粉症も同様で清潔に成り過ぎ為にギョウ中や回虫に働いた免疫が働き場所が無くなり、これまで相手にしなかった花粉やハウスダストまで反応しアレルギーが増えたとも言れています。

またストレスが多くなった為、免疫が異常に過敏なりこれまで見逃していた物にも見逃さず反応するようになったとも言われています。

いずれにしても免疫が過剰反応している為、免疫寛容能力を刺激して高めないとアトピー等アレルギーを減らす事は 難しいでしょう。

免疫寛容は妊娠・流産にも関係しているようで子供の体質は親が作り出すものですから先ず親が体質改善を図る事が重要です。 

※免疫の能力を刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを保つ必要があります。