◆体験談:子宮がん

平成15年11月頃からカワイ株を飲んでいます。

その年の夏、子宮がん検診で3aの診断を受け3bになったら、手術も視野に入れて治療をと言われ不安に思っておりました。

その様な時にカワイ株に出会い飲み始めました。 約9ケ月後Ⅱに下がり、1年半位経った頃には正常値である1になっておりました。

長年花粉症にも悩まされておりましたが、気が付いたらまったく症状が出ない状態が続き、出ても、ごく軽く済んでおります。

私は元来、薬が嫌いで一切飲んでいませんので乳酸菌が作用したのではないかと思っております。

※数年後、実はC型肝炎にも感染しておられたと伺いました。

しかしインターフェロンを接種する事なく正常に戻ったと聞きびっくりしました


◆T・Kさん(82歳女性)

2004年4月から今までカワイ900を毎日欠かさず飲まれ早や14年も経ちました。

当時は体調が著しく優れない、とても不安な状態でした。

※子宮の指数が3⁺のグレーゾンで悪性化する可能性を秘めていました。

※胃のポリープが慢性的に出来き2度程取り除いていました。

※若いころから便秘も酷く1週間から10日に1回でした。

※足が引き攣り痛みがひどいことが度々でした。

※顔の染みと乾燥により化粧の乗りがかなり悪い状態でした。

カワイ900を飲み始め、1年2年と経つ内に子宮の状態も良くなり、ポリープも出来なくなり今は骨粗しょう症の薬を飲むだけと元気に100歳までは頑張りたいと思います。