乳酸菌と免疫力(河合康雄氏の提言)

最近、乳酸菌の効能がテレビの健康情報番組や健康雑誌、新聞等を通じて伝えられています。

「漬物から取れた乳酸菌がネズミの免疫力を少し上昇させた」などと聞かされたりしますが、たいていの乳酸菌にはネズミの免疫力を少し上げる位の効能はあるのです。

※色々な食物や果物には乳酸球菌が含まれ免疫能を少し位上げる働きはあるのです。

問題は「人間にどれだけの効果があるか」ポイントでネズミに少しくらい効果があっても、それがそのまま人間に当てはまるは全く別の話です。

最近の乳酸菌報道には「ネズミに効果があれば人間にも同様に効果がある」と受け取られがちに伝えられているケースが多く見受けられます。

こうした情報についてはよく注意してご覧ください。

免疫とは

恒常性維持機能の中で身体を守る働きを総称して免疫といいます。

免疫は、私達の体内の新陳代謝にも大きく関係し、老朽化した細胞を壊す役割を担います。

ガン細胞や老朽化した細胞は毎日出来ますので毎日 免疫力を高める食事、栄養素を摂る必要があります。

白血球は、ばい菌や正常な細胞等がガンに変わった場合に殺す働きだけでなく好球中やウイルスに対して抗体を造るB細胞を持っています。

食事で摂った栄養素は、腸で吸収されますが、大半は小腸での吸収となります。

栄養吸収の為、肝臓や膵臓などから消化液・消化酵素が出ますが腸内には100兆個の腸内細菌が住み、中でも乳酸菌が大きな作用をしています。

乳酸菌には成長期に欠かせない栄養吸収を高めるビフィズス菌などの乳酸桿菌、余分な脂肪分(中性脂肪・コレステロール)の排泄能力を高める乳酸球菌があります。

これらの乳酸菌は腸内で乳酸などの酸を作る為、一括して乳酸菌と呼ばれ腸の壁を刺激し蠕動運動という腸の内容物を先へ送り出す働きを高めます。

また、食中毒などを起こすばい菌、大腸菌Oー157の様な菌が入り込んで来ても、乳酸がばい菌を溶かし殺し増殖を抑える為、食中毒に罹り難くなります。

腸の乳酸菌が少なくなると蠕動運動が鈍くなり内容物が停滞し便秘になり大腸ガンなどになり易くなります。

乳酸菌を多く保つと通じが良くなり、大腸がん防止になる可能性が期待できます。

乳酸球菌カワイ株の特異性

人の身体に効果的な乳酸菌の摂取量は1日・1兆個以上と言われています。

乳酸菌は色々な種類があり免疫能、腸内細菌の増殖作用や胃腸管への定着も様々です。

カワイ株は熱水処理で物質化することでより生菌体に比してより有用性が高まると共に1gで数兆個の乳酸菌体を含みます。

そしてカワイ株の特徴は微小化した物質が毛細血管やリンパ球から浸透し全身に廻り健康に良い働きをします。

※一般の生菌体の乳酸菌は強力な胃酸で殆ど破壊され生き残った菌体は僅か13mの腸管を通過し整腸作用の働きをするだけなのです。

※カワイ株の優れた働きはカワイ株の特徴や免疫能への作用などのコーナーを参照下さい。

ヨーグルトなどの乳酸菌飲料には菌体数は1箱で10億個~100億個です。

※1兆個以上と言うことは毎日100個~1000個の飲用が必要です。

カワイ株が属するエンテロコッカス菌(乳酸球菌)は食物にも多く含まれ、他の乳酸菌を凌ぎ胃腸管に優位に多く定着しております。

しかし乳酸球菌カワイ株はヒトの身体には存在しておらず外から摂取するしかないのです。