◆腸内環境が乱れると様々な病気の原因となります。

腸管は身体の中で最大の免疫器官と言われています。
また血液は腸で造られるともいわれております。
腸内には300種100兆個もの腸内細菌(1.5kg)が棲みついております。
慢性的に腸内細菌が減少し腸内環境が乱れると生活習慣病(心疾患、脳疾患、ガンなど)の起因や変異原物質(薬や合成物などの化学化合物、ウイルス、細菌)の蓄積で免疫力が低下し思わぬ大病に見舞われるリスクが高まります。
腸内細菌の代表的な菌体として腸内常駐の乳酸菌は人の健康に重要な働きをになっております。
中でも乳酸球菌エンテロコカスは他の乳酸菌を遙かに凌ぎ多く定着し腸管をコントロールしている乳酸菌体です。
乳酸球菌は殆どの食物に含まれています。
しかし人の腸内かに宿るエンテロコッカス菌15.000株をスクリーニングして生活習慣病(動脈硬化)の原因となるコレステロール、中性脂肪に特に優れて作用する有用乳酸菌として発見したフェカリス・カワイ株は全くと言って良いほど腸内に存在していません。
従って、カワイ株は外から摂るしか方法がないのです。
ガンや様々な病気の原因が動脈硬化に起因するとも言われたりしております。
今更ながらですが腸内環境を整え健康生活を送ることの重要性が叫ばれております。