◆ガンとカワイ株

2人に1人がガンにかかると言われています。

癌にかかる原因は様々です。

ガン細胞は誰も持っており免疫力が低下すると発症のリスクが高まります。

※ガン細胞は誰にも存在し、その発生は転移ではなく各部位での変異原物質やガン細胞と臓器細胞の免疫力との戦いとも言われています。

殆どのガンの発生の発端は細胞のDNAの損傷であり、その主たる現象は突然変異と言われています。

そして、その外因性因子は食事、喫煙、放射線、化学合成物質、(医薬品は全て化学合成物質である)排煙等があり、内因性因子は加齢、ホルモン、腫瘍、ウイルス感染等があります。
今、流行のウイルスにも気をつけましょう。
変異原物資のリスクを減らし免疫力を高め健康生活をおくりましょう。