◆腸内菌増殖作用

【乳酸球菌カワイ株】

カワイ株は人の腸内細菌から発見した乳酸菌です。


カワイ株は腸内細菌(乳酸菌)を増殖させる

◆ヒトの腸管に300種100兆個も存在する腸内細菌を維持することは人の健康にとって重要です。

◆中でもヒトの腸内に常在する代表的な有用乳酸菌の維持、増殖は整腸作用のみならず、あらゆる病気に抵抗する為に重要な機能なのです。(恒常性の維持)

◆そこで典型的な腸内細菌として常駐の乳酸悍菌(ラクトバチラス、ビフィドバクテリウム)、乳酸球菌(エンテロコッカス)の増殖作用をカワイ株死菌体粉末でラット使いテストをしました。

◆図に示す如くビフィドバクテリウム・アドレッセンティス(B.アドレッセンティス)ラクトバチラス・アシドフィラス(L.アシドフィラス)の乳酸菌がカワイ株死菌体粉末の5mg/mlの投与によって、B.アドレッセンティスでは100倍、L.アシドフィラスでは10000倍も増殖しエンテロコッカス・フェカリス(E・フェカリス)では1mg/mlの投与で150倍にも増殖していることが判りました。

◆このことはカワイ株の死菌体粉末が乳酸菌及び乳酸球菌を莫大な数に増殖させ腸内細菌の維持に役立っているのです。

◆カワイ株は整腸作用のみでなくヒトの健康に重大な役割を果たしているのです。

基礎培地:

ビフィドバクテリウム;VLG液体培地の10倍希釈液

ラクトバチラス;グルコース1mg/ml、トリプチケース5mg/ml、PBS、

ph7.3 エンテロコッカス;PBS ×→×C;対照


カワイ株による腸内細菌叢の動態

◆乳酸菌増殖作用を人で確認した結果です。

※菌体叢健常者ではカワイ株を摂取しても目立った変動はなく正常域に安定しています。

※菌叢異常者の場合は途中で激しい変動を繰り返しながら乳酸菌群が増加し正常化しています。

特に重要なエンテロコッカスは10³個(数千個)が正常域の10⁷個(数千万個)に増加していることが確認されました。