◆生活習慣病【乳酸球菌カワイ株】

リュウマチ

リュウマチは特に慢性関節リュウマチが有名ですが全身に起きる得る病気で全身の関節に

炎症が起こり痛みや腫れが生じるものを慢性関節リュウマチと呼んでいます。

リュウマチの特徴は患者の約80%が女性で30~50代の働き盛りの人が罹りやすいと言われています。

リュウマチの原因は自己免疫疾患と解ってきましたが自分を守る免疫が何故自分を 壊してしまうのかだ解明されていません。

現在免疫に狂いが生じる原因としては遺伝体質・ウイルス・生活環境・ストレス・出産そして最近では腸内細菌の悪玉菌が注目されています。

リュウマチの症状は関節が腫れたり変形したりしますがリュウマチになったら直ぐ 変形するわけではなく最初の自覚症状は朝起きた時のてのこわばりが特徴です。

これは関節にある滑膜が増殖する事に起因します。

滑膜は関節液をつくり関節がスムーズに動くようにする役割をしますが関節に炎症が 起きると滑膜自身も増殖し骨や軟骨を侵食し破壊するため痛みが起きます。

炎症が初期の場合、腫れが引けば治まりますが長期に渡ると慢性化し滑膜が厚くなり骨同士が

くっつき関節が変形しやがて動かなくなります。

治療・リハビリは軽い運動や入浴など関節が動かなくなるのを防ぐ事が中心となります。

 但し朝のこわばっている状態での運動は逆効果で午後~夕方の運動が効果的です。 

※自己免疫異常を正常化し有害物質を 作り出す悪玉菌を減らし善玉菌を増やし血液の循環を改善する必要があります。