◆マスコミ報道1

 株式会社マルトー(乳酸球菌カワイ株

・1984年河合康雄氏は日本動脈硬化学会で乳酸球菌カワイ株の発見を発表しました。

・その発見は画期的であったため読売新聞1面トップで大々的に報道されました。

・発見物が日刊紙1面トップで報道されることは滅多にありません。

※腸内細菌の中に動脈硬化の原因物質であるコレステロールや中性脂肪の血清値を低下させる

菌体が存在することを河合康雄博士は検証し発見しました。

※この菌はカビなどから作られる抗生物質と違って人間の体内に共生する腸内細菌を利用する

ので副作用がない発見として注目を浴びています。


乳酸球菌カワイ株の発見(国内外マスコミ各紙報道)

カワイ株の発見は読売新聞報道に留まらず、朝日新聞、毎日新聞など日刊各紙、メディカルトリビューン紙」など世界各国で報道され脚光を浴びました。


花粉症に乳酸球菌カワイ株(朝日新聞)

・花粉症に乳酸菌!厚労省研究班がカワイ株粉末での検証を朝日新聞が報道!

・アレルギーには抗ヒスタミン剤・ステロイド剤など使われますが、これらの薬剤は副作用あり特に胃腸・副腎皮質 機能(性ホルモンの分泌)鼻腔内異常を生じる事があります。

※イギリスで1998年に喘息・アトピー性皮膚炎・花粉症等のアレルギーは腸内細菌の乱れと発表されております。


アレルギーと乳酸菌(野村新報)